スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームレビュー No22~24

Psychic urchins Lab
PsychicurchinsLab_banner.jpg
Music Bakery
MusicBakery_banner.jpg
魔法少女 まどか★マギカ
魔法少女まどかマギカ_banner


● Psychic urchins Lab
team022.png

サイキックのいたずらっ子の研究所、という意味のPsychic urchins Lab。
メンバーは韓国勢、Speed Magician(Ruby.G)さんと、今回が初BMSのsubomiさんです。
とりわけRuby.Gさんは実力者で、今年、韓国最大のイベントKBP2011では「Optica」で総合優勝、
Speed Magician名義でも「Brain Surviving Magic」がGroundbreaking入りするなど、実績十分。
韓国チームのなかでも注目どころの一つに数えられるでしょう。

チーム名に「Psy」が含まれてるからサイケを連想しますが、
実際のところサイケ曲は「PSYBEAM!!!」のみで、むしろリズムアクション系の曲が多いチームです。
打感の良さ・リズムを刻む快感・譜面ギミックなど、BMSを「叩く」ことの楽しさに秀でた部分が目立つので、
音ゲーの根源的な魅力に迫りたい!という方にはかなりのオススメチームです。

・ PICK UP BMS
[ELECTRO] electro sampling magic - Speed Magician

バッキバキのエレクトロサウンドのサンプリングを組み合わせて出来たリズミカルなトラックです。
エレクトロならではの強いアタック感と、カットアップならではの小気味よいグルーヴ感が両立しています。
ノリノリで叩ける作品ですが、随所に急激なソフランの罠が待ち構えています。脇見運転に要注意。



● Music Bakery
team023.png

Music Bakeryも韓国から参戦のチーム。
日本のイベントでもお馴染みのbbangsamiさんを中心に、その友人関係で結成されたとのことで、
実質的なbbangsamiさんの一人チーム、といったところです。

チームジャンルは「コンピレーション」。
bbangsamiさんが3作品で他の人と合作し、化学反応を起こすことを試みました。
そのせいか、3作品とも方向性が全く異なるBMSになっていて面白いです。
暗く静かな「Black Flag (Plus)」、流れるようなメロの「La Nyam」、壮麗な「Cloud Tracer」。
全作品に5・7・10・14key譜面が付いているため、どんなプレイスタイルの人でも楽しめるのもポイントです。

・ PICK UP BMS
[atmospheric jungle] Cloud Tracer - bbangsami / smin & cinic

大空に浮かぶ雲の遙か上、蒼大な天空世界を翔けるかのようなキレのある楽曲です。
ブレビのジェット気流が吹きつけたり、低音の空鳴りが轟いたりして、高々度の激しさが表現されますが、
時おりキラキラとした眩しいピアノの朝焼けが瞬き、大空の美しさへの感動と憧憬で胸が満たされます。



● 魔法少女 まどか★マギカ
team024.png

2011年を象徴する大ヒットアニメ「魔法少女 まどか★マギカ」のなりきりチームです。
主要キャラの一人、美樹さやかが独立(しかも分裂)して別チームを結成するトラブル(?)もありましたが、
サポート陣を含めれば、5人の魔法少女のうち4人+キュゥべえが集結した、まどマギオールスターズです。
この手の「流行りモノのなりきり」チームは大抵、中の人が凄い作家なので、
終了後の正体発表を含め、色々と楽しみの多いチームでしょう。

なりきりチームでは、「なりきってるのは名義だけで、曲は原作と関係ない」というケースがほとんどですが、
ここは楽曲・BGA・詞なども徹底的に原作をリスペクトしています。ファンにはたまらない作品揃いでしょう。
エース曲の「円環の理」はトランスコア~ルネッサンス系の疾走感ある楽曲、
「-if-扉のその向こう側へ」「Tiro finale」は女性Vo.による歌モノで、キャラソンの風格が漂います。
いずれも高品質の作品ばかり。原作ファンならずともマストプレイのBMSです。

・ PICK UP BMS
[円環の理] Tiro finale - 巴マミとキュゥべえ

「ティロ・フィナーレ」は原作での巴マミの必殺技。イタリア語で「最後の射撃」という意味です。
美しいコーラスに導かれ、愁いを含んだサビが歌われていく様子は、まさに正統派イメージソングという感じ。
唄や映像の雰囲気から、原作より少し大人びた感じの、巴マミの新たな魅力を感じることが出来るでしょう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

良ブログですね

チームレビューを見るのが毎日の日課になりましたw
これからも頑張って下さい

コメントありがとうございます

だんだんと記事を書くのが辛くなってきた今日この頃でしたが、
温かいお言葉をいただけてモチベーションがぐんと湧いてきました。
毎日更新が途絶えないよう頑張ります。
プロフィール

ビオフェルミン(s_miho)

Author:ビオフェルミン(s_miho)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。