スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームレビュー No25~27

キチの輪
キチの輪 _banner
デスティニーサーモン
デスティニーサーモン_banner
第一回「自称BOF新参が物申す!!!」
第一回自称BOF新参が物申す_banner


● キチの輪
team025.png

BMS界の隅っこで隠れるようにして生きる、真性キチ○イたちによって結成されたキチの輪。
メンバーのXetthoさん、eicateveさん、yujurieさんは、3人が3人ともエレクトロニカ愛好家で、
人間性も(検閲)なら、聴いてる音楽・作る音楽までも(検閲)という、とにかくヤバいチームです。
しかし、キチはキチでも、ただの救いようのないゴミキチクズではありません。
えいかさん・ユズさんがGroundbreakingの常連だったりするように、彼らは非常にデキるキチなのです。

そんなわけでチームとしても、エレクトロニカ・およびその周辺ジャンルで3作揃えてきました。
エース「deep dope dope dope」の深海エレクトロニカは比較的聴きやすいものの、
無機質が意思を持って変則リズムを叩き付けてくるような「Fylaki」や、
5分もの長尺で、人間の狂気が発現する様を描きあげた「sepia,hakuri,orgel」はなかなか難解です。
エレクトロニカは人を選ぶ音楽で、聴き慣れないと全く良さがわからないかもしれませんが、
ハマる人はどっぷりハマる音楽なので、キチの仲間入りをしたい人はぜひ何度も聴き込んでみてください。

・ PICK UP BMS
[Jazztronica] deep dope dope dope - Xettho × jubeated

ただひたすら、深く、深く―。底のない深い海に、一方的に沈んでいくような暗鬱さを秘めたトラックです。
ジャズ的なリズムや構成を用いながらも、ニカらしい弦楽やピアノのせせり泣くような音色が胸に響きます。
ズレ配置やBPM変化など、譜面には極悪ギミック満載。曲譜面ともにBOF中でもオンリーワンの作品です。



● デスティニーサーモン
team026.png

デスティニーサーモンは、マグロ軍に制圧された人類を救う正義のヒーロー!
BOF前哨戦では、まさかのシューティングゲームを発表し、イベントの美味しいとこを全部持って行きました。
lets_destiny.png
↑ こんなゲームです。
http://klamnop.info/destiny/bms.html (ゲーム「デスティニーサーモン」よりDLできます)

チームメンバーは、「Papyrus」などで知られるリーダーorgtさんのもと、
エモ紳士eollさんと、BMS界のリーダーFALLさんというチートまがいの強力な陣容。
何かマジカルなサプライズを起こしてくれそうな、期待するなと言うほうが無理な有力チームでしょう。

作品は、デスティニーサーモンSTGで使用予定(?)楽曲のBMS版ということで、
どれもシューティングらしい爽快感やノリの良さを兼ね備えたものとなっています。
orgtさん担当のstage1の幕開けの高揚感、eollさんのstage4のお洒落な疾走感、
そしてFALLさんによる手に汗握るラスボスBGM…。まるでゲームのストーリーを凝縮したような3作品です。
いずれの作品もテーマは「運命」。運命に屈するか、運命に逆らうか…。さあ皆もレッツデスティニー!

・ PICK UP BMS
[ELECTRIC FUSION] DESTINY - orgt

そのメロディメイクには「天才」との呼び声も高い、orangentle改めorgtさんの渾身作。
曲風はまさにデスティニーサーモンのメインテーマ!孤独・不安など、運命の荒波が次々押し寄せますが、
山あり谷ありの展開を抜けた先には、勇気と栄光が満ちるサビが待っています。心踊るヒーローソングです。

※ なお、ミス画像で秋さん(仮名)のご尊顔を拝見できる(!?)ので、心ゆくまでpoor連発しましょう。



● 第一回「自称BOF新参が物申す!!!」
team027.png

今回が初BOF、それどころかイベント出場経験すら数えるほどしかない、
若き新参作家たちによるチームが、この第一回「自称BOF新参が物申す!!!」です。
三倍さん、月華狼さんは無名戦8期生、Anさんはこれが初BMS制作となります。

初心者チームながら、その作品の水準は、歴戦のチームにも決して見劣りするものではありません。
「Ride to Hard」の問答無用でアガる燃焼系テンションや、「OveR☆FloW」の優しくて柔らかいメロディ、
そしてエース「TearVid」の曲映像の、目を疑うような超絶クオリティなどは、到底新参とは思えません。
彼らは確かに作者としての経験は少ないかもしれませんが、その分、今大会にかける情熱は大きいはず。
将来有望な作家たちの無限の素質を、ぜひこれら3作品で体感してみてください。

・ PICK UP BMS
[ArtCore] TearVid - An

ニコニコ動画での活動経験豊富なAnさん。処女作BMSからとんでもない作品を出してきました。
壮大・美麗なピアノと弦が織りなすアートコアで、ガラスの剣を振りかざすような切れ味と繊細さが圧巻です。
その上シックな白黒でキメた映像が目を奪われるほど美しく、プレイ中の溜め息は止まりそうもありません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビオフェルミン(s_miho)

Author:ビオフェルミン(s_miho)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。