スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームレビュー No34~36

おとなのらくがきちょう
おとなのらくがきちょう_banner
全部長い
全部長い_banner
Purple Moon
PurpleMoon_banner.png



● おとなのらくがきちょう
team034.png

おとなのらくがきちょうはBOF2009以来の復活チーム。
前回出場時は東方×本家アレンジBMSの先駆けとして、70チーム中17位という好成績を残しました。
メンバーの楽曲担当のくっちーさん、イラスト担当きささんは09年の結成時からの黄金コンビ。
BGA担当の新メンバーAlt Anothersさんとともに、再び素晴らしい成績を残せるでしょうか。

楽曲は3曲とも、他ゲーム曲のリミックス作品です。
「Koishi ~Closed EyEs」は、東方地霊殿よりハルトマンの妖怪少女のリミックスで、
09年出場曲「Satori ~3rd EyEs (bms edit)」の対となる作品。
「PHANTOM LOST」は、東方妖々夢より「幽霊楽団」とIIDX18RAより「PARADISE LOST」のリミックス。
「青空(Cheerful -air- Remix)」は、Airより「青空」のボーカルリミックスです。
いずれもくっちーさんが得意とするハードコア系アレンジで、疾走感・高揚感は抜群の一言に尽きます。

・ PICK UP BMS
[TRANCE CORE] PHANTOM LOST - くっちー

おとなのらくがきちょうチームと言えばやはりコレ、東方と弐寺の華麗なる融合楽曲です。
目のくらむような高速シンセフレーズや声ネタが縦横無尽に駆け巡り、圧倒的熱量を振りまきます。
たとえ原曲を知らない人でも本作を聴けばアガる、そのテンションの高さは空前無比というほかないです。



● 全部長い
team035.png

HNが以前と変わっているので一見わからないかもしれませんが、
L-uckgu-Nさんは落雁さん、excLNさんはexclusionさん、(ueoさんは前回のまま)で、
つまりチーム3人とも全員第8回無名戦の出身者。全部長いチームは無名8期チームということになります。

チーム名や会場のエンブレムから想像されるとおり、チームコンセプトは「ロングノート」です。
エース曲「Rebirth Castle」の、ハードなブレビと対比的に用いられるストリングス等のLNや、
今大会(たぶん)最多の30譜面が同梱されている「夢語」、バラード「玉の緒よ」での低速曲中のLNなど、
さすがに「全オブジェがロングノート」までは行かないものの、効果的なLNの運用法が追求されています。
LNの濫用には批判的な人も多い昨今、このチームのLNにはどんな評価がくだされるでしょう?
「ロングノートには一言物申したい!」という人にこそ、ぜひオススメしたいチームです。

なお、「夢語」および「玉の緒よ」にはPMS譜面が同梱されています。9鍵派の方々はどうぞ。

・ PICK UP BMS
[ballade] 玉の緒よ - excLN

小倉百人一首に収録されている式子内親王の和歌(詳しくは下掲)をモチーフにした悲恋歌です。
テーマである叶わぬ恋、決して成就できないからこそ燃え上がる想いを、シンセバラードでしっとりと表現。
悲しくも決意に満ちたような旋律は、LNで演奏するのにまさに最適。この季節にピッタリの切ない楽曲です。

※ 『玉の緒よ 絶えなば絶えね 長らへば 忍ぶることの 弱りもぞする』 - 式子内親王
「私の命よ、絶えるなら絶えてしまいなさい。このまま生きていては、この気持ちを隠せなくなってしまうから」
(念のため一応書いておきますが、式子内親王は女性です。)




● Purple Moon
team036.png

韓国のトランスコンポーザー、Mystinia(Hypercube/Amorphous)さんの一人チームです。
BOFには今回が3年連続出場で、2009年は22位(70チーム中)、2010年も22位(95チーム中、)で、
昨年は「Please, Don't Give Up」がGroundbreakingに収録されました。
トランス限定チームとしては、歴代BOFでも大将格に位置する名門の強豪です。
※ チーム名の変更が間に合わず、公式記録ではPM 20:10チームとして出場(バナーはPurple Moon)

今年の登録曲は、Progressive Tranceが中心で、
Amorphous名義の「Ghost House」のみ、Prog×Upliftingのハイブリッドとなっています。
(Mystiniaさんは普段から、トランスのサブジャンルによって名義を使い分けています。)
その作品クオリティは折り紙付きで、チーム登録時に「トランスで世界征服する」との挑戦的なコメントを
残しているのも頷けるほどです。トランス求道者・Mystiniaさんの実力を存分に味わってください。

・ PICK UP BMS
[iProgressive Trance] She's An Esper - Mystinia

ゲーム史上に残る名作RPG、Final Fantasy 6より「ティナのテーマ」のリミックスです。
哀愁を誘う原曲のメロが、プロッグのバックトラックと合体。潤いと美しさのあるトランスとして転生しました。
BPM190の曲変更差分Esper Modeはトランス(ティナの固有スキル)時をイメージ。洒落も効いてます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビオフェルミン(s_miho)

Author:ビオフェルミン(s_miho)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。