スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームレビュー No40~42

第一回「自称高校3年生BMS作家が物申す!!!」
第一回「自称高校3年生BMS作家が物申す!!!」_banner
ニコニコクラスタでbmsを作る会(β)
ニコニコクラスタでbmsを作る会(β)_banner
TEAM SLTRB
TEAMSLTRB_banner.jpg


● 第一回「自称高校3年生BMS作家が物申す!!!」
team040.png

BMSやってないで勉強しろよ!と誰もがツッコミたくなるような受験生チーム。
メンバーは作曲陣に文学放棄者・数学放棄者・英語放棄者の3人と、
サポート陣に歴史放棄者・科学放棄者。主要5科目壊滅で、全員、いい感じに手遅れ感が漂っています。
バナーやコメント欄を見るに、日韓合同の偽名チーム?という感じもしますが、詳細は不明です。

楽曲には、受験戦争に身を置く彼らの厳しい境遇が反映されています。
エース曲「THE MIGHTY SECHIGALIZER」は、ジャンルでも曲名でも「世知辛い」とアピールするほど。
「Nightmare 111110」は、予想だにしない悲劇的物語をBMSで表現したストーリー性ある一作。
「Final exam(bms edit)」では、辛く禍々しい最終試験の様子が感じられるダークなテクノです。
受験経験者なら共感せずにはいられないような、極めてネガティブな3作品です。

なお、「THE MIGHTY SECHIGALIZER」には隠し譜面が用意されています。
SECHIGARAI!ファイルの拡張子を.bmeにしてお楽しみください。

・ PICK UP BMS
[SECHIGALIZED TECHNO] THE MIGHTY SECHIGALIZER - 数学放棄者

「日本、韓国の高校生60%が数学放棄」と訴え、反数学・脱数学を必死に主張するテクノトラック。
まるで悲鳴のような高音シンセフレーズに、声ネタやアシッドがアグレッシヴに絡みます。
一見コミカルながら血や戦争を思わせる赤系映像には、数学勉強の過酷さ・世知辛さが滲んでいます。



● ニコニコクラスタでbmsを作る会(β)
team041.png

その名のとおり、ニコニコ動画で絶賛活躍中のメンバーによるチームです。
主だったメンバーには、カービィ組曲で知られるhapi⇒さん(BOF主催のAOiRO_Manbowさんの別名義)、
「組曲『ニコニコ動画』」のしもさん、キーボードクラッシャー音MADのレオルさんなど、
ニコニコ大百科に単独で伝が立つほどの作家も多数含まれており、人気者が揃っている印象です。

「ニコニコ動画」をチームジャンルに掲げていますが、
パロディ要素やネタ要素に走ったりはせず、ガチのオリジナル曲でBOFに挑んでいます。
エース「風の塔」は普段メドレーを制作しているコンビの作品らしく、展開豊富で飽きが来ない作品。
「Mars Olympus」は、火星最大の火山を題材にした、音圧抜群で熱気が充満するテクノ。
「THE WHALE」は対照的に、冷たい北極海を泳ぐ鯨をイメージしたクールなトランスとなっています。

なお、「風の塔」には隠し譜面が5つ、まるで謎解きのように巧妙に隠されています。
作品詳細ページもしくはreadmeに探索のヒントがありますので、ぜひ全譜面を発見してみてください。

・ PICK UP BMS
[INSTRUMENTAL] 風の塔 - しも fw. hapi⇒

まるで風の塔を1フロアずつ上っていくように、様々な展開と風景を感じられる表情豊かな楽曲です。
懐かしのファミコン的な塔の入口、ストリングスの風が吹き付ける外壁、各階によって音色の異なるシンセ。
移り変わりの激しい楽曲なだけに譜面も楽しい。こんな塔があったら、ぜひお邪魔してみたくなりますね。

ちなみに、この曲には、BOF一斉公開前にアップされた動画(偽物)が存在します。それがこちら↓

ぎゃーなんだこりゃーー!? UNKOーー!!漬物ーー!!



● TEAM SLTRB
team042.png

TEAM SLTRB(チーム ソラトロボ)は、
昨年DSで発売されたアクションRPG、「Solatorobo それからCODAへ」のなりきりチーム。
超未来ファンタジーな世界観や、登場人物がケモノキャラなことから、熱狂的ファンを抱えるゲームです。
各名義はRed Savarin(レッド・サハラン)、BELUGA(ベルーガ)、Elh Melizee(エル・メリゼ)と読みます。

チームの3作品は原作の雰囲気がうっすらと感じとれる作品です。
エースの「HARDLOVE(SVRN Distortion Remix)」は「HARDLOVE」のリミックス。
シェパルド共和国の機械文明…と捉えるのは強引かもしれませんが、エレクトロ感が格好良いです。
「New Windy Paradise」「Sunshine dance」は、明るく温かみのある世界を描いた爽やかな楽曲。
とりわけ後者のBGAは原作をリスペクトしたもので、ファンならグッと来るものがあることでしょう。

・ PICK UP BMS
[Instrumental] New Windy Paradise - BELUGA

季節はすっかり秋めいてきましたが、この曲を聴けば、夏の爽快さがいつでも脳裏に蘇ってきます。
ギター伴奏や生命感のあるシンセリードが生み出すのは、青い海と白い砂浜が一面に広がる南国ムード。
夢みたいなリゾート感と安らぎの解放感に心身満たされ、夏がキュンと恋しくなってくる爽快な一作です。 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビオフェルミン(s_miho)

Author:ビオフェルミン(s_miho)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。