スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームレビュー No71~73

Synth1同好会
Synth1同好会_banner
DTM経験とか関係なしにBMS作成するチーム
DTM経験とか関係なしにBMS作成するチーム_banner
Qpic Sound Complex side L
QpicSoundComplexsideL_banner.png


● Synth1同好会
team071.png

フリーの国産ソフトシンセサイザー「Synth1」愛用者によるチームで、
昨年95チーム中50位だったTeam Synth1の後継です。(メンバーが半数以上入れ替わってますが)
フリーソフトと言っても侮るなかれ、その使用者には、先日の第8回無名戦の王者Limeさんや、
第1回無名戦の王者makiさんがおり、無名戦の歴史はSynth1の歴史といって過言ではないほどです。
来年の第9回無名戦王者(予定)のdaikiさんとともに、フリーとは思えぬSynth1の性能を見せつけます。

楽曲を見ると、まるで狙ったかのようにジャンルが全てバラバラ。
トランス~ハードコア~インストまで、Synth1がどんなジャンルもイケることをアピールしているようです。
ジャンルが異なれば楽曲の個性も異なるわけで、「ice valley」の氷の冷たさが感じられるような質感、
繊細なアジサイの花をイメージした「Hydrangea」の音色、「It laughs」の痛快なノリの良さなど、
同じフリーのSynth1から、これだけ多彩な表情が読み取れるのもポイントです。
「Synth1にしては凄い」ではなく「単純に凄い」作品が揃ったと言えるでしょう。

・ PICK UP BMS
[fantastical synth beat] ice valley - maki

makiさん(当時ridis名義)のかつての傑作「searoad tracks」のセルフリミックスです。
氷に閉ざされた谷を舞台にしたストーリーBMSで、暖かさが失われた街の様子を透き通った音で表現。
その旋律は儚くて寂しくて、喪失感にも似た感情を抱かせますが、ラストでは優しい結末が待っています。



● DTM経験とか関係なしにBMS作成するチーム
team072.png

2chのDTM経験とか関係なしにBMS作成するスレ住人たちによるチームです。
BMS作成スレ出身者チームは、かつてBMS Festival 09' Winterに参加したこともありましたが、
BOFに出場するのはこれが史上初、まさにスレ住人たちの念願叶ったチームと言えます。
メンバーの流菜(Telno)さん、fkRadishさん、distさんは、3人とも第8回無名戦出場者でもあり、
無名8期&BMS作成スレの2つの看板を背負っています。彼らが躍進してくると界隈は盛り上がりますね。

チームのコンセプト等はありませんが、どの楽曲も明確な個性を持っています。
エレクトロな雰囲気と譜面ギミックが楽しい「The Exitters」、クールな空間系のエース「Ethnoscapes」、
そして不思議なメロや風のSEが世界観を感じさせる「Disturb wind」の3作品。
DTM経験が少ないなんてブラフでしょう、と思わずにはいられないほどのレベルの高さです。

・ PICK UP BMS
[Art core / Atmospheric] Ethnoscapes - fkRadish

曲名の「エスノスケープ」とは人類学用語で、各民族が地球規模で移動していく様子を表す言葉です。
奥行きと広がりを感じさせる空間演出・スマートで美しい旋律は、今大会のドラムンベースの中でも屈指。
蠢くベースや軽快なブレビも印象的。DTM未経験でも頑張ればここまでできる!という勇気を感じます。



● Qpic Sound Complex side L
team073.png

九州大学物理研究部(Qpic)所属の、BMSを愛する部員たちによるチームで、
先日のチームレビューで紹介した Qpic Sound Complex side R と対を成します。
こちらのほうが登録順がそこそこ早いことから、このチームのほうが本命なのかもしれません。
メンバーのうち、エースのcromoさんだけはpupuly前哨戦などでのBMS発表歴がありますが、
他のメンバーは今回が初めてのBMS制作となります。

チームの登録作品を見ると、同門のRチームとは随分趣が違います。
向こうはハードコアが主力でしたが、こちらのジャンルは、
「digi-rock&symphony」 「Jet-coaster pop」 「Mirage Instrumental」で、
3曲全てが複合もしくは創作ジャンルとなっています。一見、どんな曲だ?と感じるかもしれませんが、
実際に聴いてみると成程と思えるジャンルですので、どんな曲かぜひ実際に確かめてみて下さい。

・ PICK UP BMS
[Jet-coaster pop] melody_express - cromo

まさに遊園地のアトラクションのような、楽しくて賑やかでエンタメ性にあふれる作品。
基本は心踊るポップスながら、コースター発進ベルのようなピコピコや、高速で急下降するような演出など、
BMSで「ジェットコースター」を表現する遊び心が一杯です。もう1回乗りたい、と思わせる曲の締め方も◎。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビオフェルミン(s_miho)

Author:ビオフェルミン(s_miho)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。