スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームレビュー No86~88

The Orient ~ リベンジ (仮)
TheOrientリベンジ(仮)_banner
DIM-DIN
DIMDIN_banner.gif
妖精大合奏
妖精大合奏_banner



● The Orient ~ リベンジ (仮)
team086.png

去年、「東方アレンジ」をコンセプトに掲げ、BOF2010にエントリーしていたものの、
結局、出場断念したThe Orientチーム。心ならずも東方BMSファンの期待を裏切ることになりました。
そんな昨年の名誉挽回のため結成されたのが、このThe Orient ~ リベンジ (仮)。
メンバーは、韓国のSANY-ON(3034)さんとMarisaBさん、それに日本のMONOさんの3人。
BMSの借りはBMSで返すしかありません。果たしてリベンジなるでしょうか?

ということで今年も「東方アレンジ」がテーマです。
「Phantom Ensemble (MarisaB Remix)」は、東方妖々夢「Phantom Ensemble」のアレンジ、
「my fancy, your fancy (bms edit)」は、東方地霊殿より「ハートフェルトファンシー」のアレンジ、
「Blast Express」は、東方花映塚より「風神少女」のアレンジとなっています。
いまや日韓共通の文化である「東方」。3者それぞれの素晴らしいアレンジが楽しめるでしょう。

・ PICK UP BMS
[UK HARDCORE] Blast Express - MONO / ZUN

各所の東方音楽ランキングなどでも上位常連の大人気曲、「風神少女」のUKアレンジです。
タイトル通りBlast(突風)を感じさせるアフタービートの効いた出だしから、曲の疾走感は早くも最高潮。
緩いピアノ地帯を挟んだ後に訪れる大サビでは、風が天に舞い上がっていくような気持ちよさで溢れます。



● DIM-DIN
team087.png

3名義ありますが、どうやら韓国のQUARKPOPさんの一人チームのようです。
QUARKPOPさんは主にハードコアを得意とされている方で、その作風は「狂気」の一言。
一般ウケは絶対にしないけれども、その道に通じた熟練の聴き手からは一目置かれる存在で、
「これぞ本物のハードコアだ」などと絶賛されることも少なくありません。

そんなQUARKPOPさんのチームだけあって、凄まじく強烈な3作品が揃いました。
どれも前衛的でアブストラクトなIDM、といった感じで、なかなか表現しづらい曲なのですが、
とりわけ「FLAW v2 (BMS edit)」「Fraction」などは、BMSの既存の常識を覆してくるような異色作です。
インプレを見ても、超高得点と超低得点が乱立していて、人を選ぶ楽曲なのは間違いないですが、
好きな人はとことん好きなはずなので、ものは試しで1作品だけでも触れてみてください。

・ PICK UP BMS
[Experimental] Fraction - vaX-Xine

実験精神と狂気が渦巻き、ブレビやノイズが音楽秩序を蹂躙する、破壊と暴虐のブレイクコアです。
少なくともBMS界には同系で比較できる曲があまりないため、非常に難解に感じる方が大半でしょうが、
混沌を吐き出し激情をまき散らす本作の姿に、選ばれた貴方は何か新感覚に目醒めるかもしれません。

※ 上動画はpreview版なので、実際のBMSとは異なります。



● 妖精大合奏
team088.png

妖精大合奏チームは、東方Projectに登場する妖精たちのなりきりチームです。
メンバーのリリーホワイト(東方妖々夢など)、ルナチャイルド(東方三月精など)、大妖精(東方紅魔郷)は
いずれも東方キャラで、先日のBOF前哨戦では実際に東方アレンジBMSを出していましたが、
本戦ではリスペクト元の東方アレンジは1曲のみで、オリジナルBMSをメインとして挑んでくるようです。

なおこのチームにはTwitterアカウントがあります。最新情報はそちらからどうぞ。

チームジャンルは「妖精らしい曲」。
明るかったり、元気だったり、ちょっぴり不思議だったり、色々な妖精たちと戯れることができます。
エースの「Play」は妖精たちの神秘と伝説をモチーフにしたような、幻想的で美しいインスト、
「FUNNY DAYZ」は対照的に明るく、まるで妖精たちが収穫祭をしているように華やかなハピコア、
チーム唯一の東方アレンジBMSの「春ですよ!」は、東方妖々夢より「天空の花の都」のアレンジです。

・ PICK UP BMS
[はるです!] 春ですよ! - リリーホワイトwith春ですよバンド / zun

リリーホワイトは春を告げる妖精。日本はいま秋かもしれませんが、南半球では春だから良いんです!
厳しい冬が終わり暖かい春が訪れた喜びを、バンド演奏と女性ボーカルが生命感たっぷりに熱唱。
ブリブリしたギターの音色や、一面春爛漫の歌詞が印象的で、春の到来が待ち遠しくなってきます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

MarisaBさんに関する情報です。

MarisaBさんは東方アレンジアルバムにゲストで参加、同音界で活動した経歴があります。(翻訳機を使いました。)

コメントありがとうございます

いつもありがとうございます。韓国の情報は入手しづらいのでたいへん役に立っております。
コメントを頂いて本文を一部修正しました。今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

ビオフェルミン(s_miho)

Author:ビオフェルミン(s_miho)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。