スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームレビュー No10~12

大都会岡山連邦 -岡山side-
大都会岡山連邦岡山side_banner
秘密だけど秘密じゃないちょっとだけ秘密な基地
秘密だけど秘密じゃないちょっとだけ秘密な基地_banner
SounD-MAX. Team. 1
SounD-MAXTeam1_banner


● 大都会岡山連邦 -岡山side-
team010.png

09年は大都会岡山連合として70チーム中35位、10年は大都会岡山同盟として95チーム中43位。
昨日紹介した-倉敷side-の相棒でありライバルもである、もうひとつの大都会岡山チームです。
リーダーの黒幕・鎌足さんが、岡山県民史上最多のイベント2勝をあげた実力者Estさんをエースに据え、
ベテラン4Gさんと、今回が初BMSのtakoyaki_oさんという布陣でBOFの天下獲りに挑みます。
素晴らしい成績を残し、故郷に錦を飾ることができるでしょうか。

チーム企画等は例年通り特にありません。しかしながら、
岡山の冬のデートスポット・桃太郎通りのイルミネーションを思わせるような、Estさんの「ルミナスライツ」、
曲名からも郷土への慕情が満ちあふれる、揺れるギター譜面が楽しいtakoyaki_oさんの「Nostalzia」、
まるで黒漆喰の岡山城天守のように荘厳な雰囲気を漂わせる4Gさんの「Scenario」と、
各自の岡山への熱い想いを感じられる(?)作品が揃っています。

・ PICK UP BMS
[ELEPOP] ルミナスライツ - Est

いまやBMS界でもプチブームになっている、UTAU(雪歌ユフ)を用いた歌モノのエレポップです。
出だしからキラキラとした光がぽつぽつ現れ、徐々に光あふれて世界が煌めいてゆく様はファンタジック。
そこに雪歌ユフのウィスパーが溶け込み、幻想的な曲想をより深く、優しく、温かいものに仕上げています。



● 秘密だけど秘密じゃないちょっとだけ秘密な基地
team011.png

04年に17位、10年に52位だった「作る!造る!創る!僕らの秘密基地」の後継チームです。
2004年のBOF創世時を知るチームが、今もこうして出場してくれるというのは感慨深いものがありますね。
メンバーはインストの名手wataさん、エレクトリックな音使いがカッコイイ古豪えふさん、
そして古参と思われる謎の偽名作家Richard Roeさんの3人です。
(Richard Roeは、日本でいう東京太郎とか大阪花子とかみたいな、架空の名前のアメリカ版です)
ぜひともチームで好成績を残し、キチではなく基地チームであることを証明したいところでしょう。

チーム名のとおり、各作品はいかにも秘密基地らしいものばかりです。
まずエースwataさんの「あいことば」は、基地には付きものの合言葉をテーマにした美しい歌モノ。
えふさんの「RAIDS」(急襲の意)は、基地を襲撃されたかのような切迫感の、ベースの効いた和ドラムン。
Richard Roeさんの「Gandharva」(ガンダルヴァ、インド神話の半神半獣の奏楽神団の名)は、
昔ながらの5鍵HIPHOPで、何者かが忍び寄るような不穏な空気感・緊張感は秘密基地ならではのもの。
「基地」という共通の題材でありつつも、解釈や雰囲気の全く異なる3作品が楽しめるはずです。

・ PICK UP BMS
[SECRET POP] あいことば - wata feat.いずみあや
aikotoba_title_kari.jpg
(動画はyoutubeにアップされ次第、画像に差し替え追記します)
キミとボク、心が通じ合った2人だけに通じる秘密の「合言葉」をテーマにしたボーカル曲。
ギター・笛などが奏でる詩情豊かな音風景に、蛍火のように繊細ないずみあやさんの歌声がよく映えます。
聴いていると子供の頃に置き忘れてきた何か大切な気持ちを思い出すような、安らぎと潤いある楽曲です。



● SounD-MAX. Team. 1
team012.png

BOF2010で95チーム中53位に健闘した韓国チーム、SounD-MAXが2年連続の出場です。
SounD-MAX. Team. 1とあるように、今年はTeam. 2との2チーム体勢でBOFにエントリーしましたが、
制作が間に合わなかったのか残念ながらTeam. 2は本戦辞退となったようです。おいこら!
しかし言い換えれば、そのぶんTeam. 1には全力を注いだ結果ともいえるでしょう。
昨年個人88位のIridium. Vanessaさんを中心とした、伸び盛りのクリエイター陣に要注目です。

チームカラーは極めて明快、全てがトランスなどのヨツウチ曲です。
私たちが先入観としてもっている「韓国はトランス」を体現したようなチームなので、
トランス好きはチェック必須、トランス(笑)などと思ってる人はスルーすべきの、個性が明快なチームです。
とはいえ、エース曲「Restoration」を筆頭に、全曲BGA付きで力強いトラックが揃っているので、
ぜひとも騙されたと思ってプレイして頂きたいチームです。

・ PICK UP BMS
[Progressive Trance] Gate N1 (Radio Edit) - Iridium. Vanessa

韓国BMS界でも有数のトランスコンポーザー、Iridium. Vanessaさんの新作プログレッシヴトランスです。
迫力のあるキックや、特徴的な図太いベースラインが、序盤から聴き手の期待感を高めていき、
クライマックスでは天から降り注ぐようなシンセが恍惚感を加速させます。できるだけ大音量でどうぞ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビオフェルミン(s_miho)

Author:ビオフェルミン(s_miho)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。